なぜトルコ🇹🇷 は「はちみつ大国」なの?

トルコは世界2位のはちみつ生産量で、その量は日本の40倍以上


日本への輸入量(kgベース)はトルコは 国別だと第22位なので知らない方も多いと思いますが、実はトルコはハチの巣が820万個ある、世界生産量第2位のはちみつ大国です。

私たちがトルコは「はちみつ大国」だと伝えると殆どの方々に、えぇ〜本当? 知らなかった! という声をよくお聞きします。今回は、ではなんで知られていないのか、調べてみました。  

トルコと日本の「はちみつ」

日本とトルコが、自国でどれだけ「はちみつ」を生産して、どれだけ消費していて、輸出や輸入はどのくらいしているかをまず確認しました。

■トルコの「はちみつ」
生産量:約11.7万トン/年
消費量:約11万トン/年

※輸出量:約0.5万トン/年(自給率は、ほぼ100%?)

日本の「はちみつ」
生産量:約0.3トン/年
消費量:約5.5万トン/年

輸入量:約5万トン/年(自給率は、約6% でほとんどが輸入品)


びっくりしたのが、トルコのハチミツ消費量です。トルコは日本の2/3の人口で、はちみつ消費が倍以上!そして輸出が極端に少なく全世界にたった0.5万トンしか輸出をしていないのであれば、他国からすると「はちみつ大国」のイメージがないのも当然でしょう。


みんな大好き、日本橋三越・銀座SIX・松屋銀座・新丸の内ビルディング・渋谷ヒカリエなどに店舗をもつ名店「ラベイユ」さんが直接買い付けを行っている「はちみつ」の産地は日本以外では、下記の10か国(世界生産量順位)です。

・エチオピア(10位)
・スペイン(13位)
・ハンガリー(16位)
・ニュージーランド(25位)

・フランス(世界26位)
・ギリシャ(20位)
・オーストラリア(31位)
・ブルガリア(33位)
・イタリア(37位)
・台湾(38位)

 


はちみつの場合、生産上位国が輸出量が多いというわけでもないようです。

ちなみに、財務省貿易統計(輸入2020)のデータによると、
日本が輸入している「はちみつ量(グラム数)」のベスト10の国(世界生産量順位)は

①中華人民共和国(世界1位)
②アルゼンチン(4位)
③カナダ(12位)
④ミャンマー(46位)
⑤ニュージーランド(25位)
⑥ハンガリー(16位)
⑦メキシコ(9位)
⑧ルーマニア(15位)
⑨ウクライナ(5位)
⑩オーストラリア(31位)

はちみつ量(金額ベース)」になるとマヌカハニーの影響で、ニュージーランドが5位から2位となり、オーストラリアも10位から6位にジャンプアップします。


日本が「はちみつ」を輸入している国でトルコは22位。つまり日本で見かけるトルコ産のはちみつより輸入量が多い11位から国は、ブラジル、ドイツ、スペイン、バングラデシュ、タイ、ブルガリア、ベトナム、イタリア、フランス、インド、スイスの11か国です。

世界1高価な「はちみつ」もトルコ産

余談ですが、世界で最も高額と言われている「はちみつ」もトルコ産。2009年に洞窟で発見された世界一高額(1kgで約550万円)ハチミツである『エルビッシュ(Elvish honey)』も、トルコ(東北部アルトヴィン県)産です。

 

私たちが取り扱う「ミツバチ製品」23種のうち、「生はちみつ」は2つだけですが、「エナジー生はちみつ」「蜂蜜スプレッド」にもたっぷり使用している、生はちみつ。きっと今までの「はちみつ」感が変わる、美味しい健康食品です。

「はちみつ大国」トルコ産のはちみつは、とっても貴重なので、もし機会があれば是非その格別な美味しさを体感してください。

ただ、大変申し訳ございません。現在品切れ中でして、5月には販売できるよう進めていますので、しばしお待ちください。

ページ下部のフッターにある、メルマガ登録をしていただけると再入荷の際にご連絡させていただきます。

*プラスプ お客様係 みうら*


コメントを残す

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleプライバシーポリシーおよび利用規約が適用されます。